トップ

学校を選ぶ際に調べる

気になる学校の雰囲気

受験

学校における学区について

学校に入る際の学区は重要です。どこに入学してもいいというと、生徒数に差が出てしまいます。入学したい先に引越しする人がいるほど、最近過熱しているのが学区の特徴です。もし、将来、入学する先を気にするなら、早めに調べて動いておきましょう。学校は義務教育だから、住民票があれば、間違いなく入学できます。定員制ではないので安心です。入学する先で学力に差が出てしまいます。雰囲気もだいぶ変わります。安心して学べる環境を与えてあげるのは親の責任です。今の時代、どこでもいいわけではありません。環境や雰囲気などを十分にチェックしましょう。

学区による制限について

地域によっては、さまざまな学区が設けられており、進学先となる候補が決められている場合があります。一定の区域ごとに複数の学校が割り当てられており、それぞれの生徒はその範囲内から自分の進学先を選ぶことができます。こうした候補となっているところ以外に進学するためには、さまざまな条件が課されており、自分の学区外のところを受験する場合には、高いハードルが課されていることがほとんどです。この制度は遠距離の通学のために生徒に過度の負担がかからないよう、地域を区切っているものですが、必ずしも進学したい学校がない場合もあり、今後もさまざまな改善がなされていくことになるでしょう。

↑PAGE TOP